HOKKAIDO OUTDOOR

SUPを活用した地域振興について

503 views
約2分

実施内容

オホーツク管内で町おこしの一つとしてSUPを活用する市町村が増える可能性が高くなる。 現状として新しいアクティビティである事からSUPの安全管理とガイドができる専門のインストラクターが少ない為、SUP指導者を育てる事が重要課題ですね。 その他に地域では近隣のエリア同士の協力体制が必要、体験型のアクティビティの需要に合わせた資機材の確保も協力しながら運営できる事は地域間でのネットワークがいきてくる。

感想

  • SUPの安全管理の重要性が、よくわかります。
  • 観光型のSUPと、地域密着型のSUP普及がある事がよくわかりました。
  • オホーツクエリアでSUPが急激に普及した事は、しっかりした地固めがあった事と、近年のSUP人気が高まって来た事がよくわかります。
ファシリテーター・プロフィール

秋葉 暢康(大空町役場移住・定住支援室)
加茂 誠志(北海道運輸局観光部)
桜木 和徳(オホーツクサップクラブ)

Subscribe / Share

About The Author

北海道アウトドアネットワーク.jp事務局ho.admin
北海道アウトドアフォーラムをきっかけに誕生したサイトを運営しています
北海道アウトドアネットワーク.jp

アウトドア関係者のみなさまへ、情報をお寄せください

北海道アウトドアネットワークサイトでは、
アウトドアに関わる事業者間の情報交換や収集ができる場となることを目指して運用しています
道内や業界活動に関わる情報,指導者向けの講座情報
地域で開催されるイベント,採用・インターンシップ情報 など
是非情報をお寄せください。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
北海道アウトドアネットワークへの参加

北海道アウトドアネットワークへの参加

私たちは、北海道アウトドアフォーラムをきっかけに誕生したプロジェクトです。ご興味がある方は是非ご参加ください。