HOKKAIDO OUTDOOR

メニュー

サバイバル教育の事例から紐解く、子どもたちとの向き合い方

135 views
約2分

答えのない問いにどう向き合うか

ファシリテーター
片山 誠
72時間サバイバル教育協会、ジャパンキッズ

HOF2023 プログラム「サバイバル教育の事例から紐解く、子どもたちとの向き合い方」

・自己紹介
・サバイバルマスター育成について
・ケーススタディ(何回も同じ失敗を繰り返している子、講習中に他のことに気をとられて集中できない子への対応など)
・質疑応答
・子どもと接するときの考え方(好奇心を引き出す、ほぼ教えないなど)
・活動の理念

サバイバルマスター講習や検定で実際にあったケースについて、小グループで対応について意見交換を行い、片山さんが実際に行った対応や考え方を紹介するという形でワークショップが進みました。
いろいろなバックグラウンドを持つ参加者が、答えのない問いに対して真剣に対応策を考え、意見交換を行い、全体に共有し、考え方に共感する、そんな有意義な時間になりました。

プログラム参加者の声
  • 日頃あまり考える機会がない中で、自分以外のいろいろな人の意見を聞くことができた。片山さんの考え方は学校現場でも活かせるし、自分もまだまだ考えることの必要性を感じた。
  • 子どもと関わる中で実際に起こった事例があり、あるある!と共感した。頭ではわかっていても、現場ではとっさにできないことがある。自分より経験値がある人たちの考え方を聞くことができ、一般論とは違う新しい発見があった。

Subscribe / Share

アウトドア関係者のみなさまへ、情報をお寄せください

北海道アウトドアネットワークサイトでは、
アウトドアに関わる事業者間の情報交換や収集ができる場となることを目指して運用しています
道内や業界活動に関わる情報,指導者向けの講座情報
地域で開催されるイベント,採用・インターンシップ情報 など
是非情報をお寄せください。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
北海道アウトドアネットワークへの参加

北海道アウトドアネットワークへの参加

私たちは、北海道アウトドアフォーラムをきっかけに誕生したプロジェクトです。ご興味がある方は是非ご参加ください。