HOKKAIDO OUTDOOR

日高山脈襟裳地域 国立公園化の未来を考えよう

711 views
約3分

実施内容

1.趣旨説明
・日高山脈の国立公園化に向けて、現状や課題を整理しながら、未来像(ビジョン)を考えていく必要がある
・いろんな立場の参加者で意見交換を行い、国立公園化の未来を考える機会にしたい

2.オープニングトーク
・環境省:山北さん(環境省帯広自然保護官事務所)「国定公園内はテント泊禁止だが、現状は多くの登山者がテント泊しており、テントサイトを設置すべきか意見を聞きたい」
・利用者:山下さん(日高山脈ファンクラブ)「日高山脈の厳しさを正しく伝え、日高中部(主稜線周辺)は保護すべき、それぞれでやっている活動をつなぐネットワークが必要」
・事業者:高柳さん(植村直己帯広野外学校)「2015年の豪雨災害で林道が崩壊し、登山が難しい現状で、地元の登山ガイドはほぼ皆無、百名山の幌尻岳以外知られていない」
・住民:橋本さん(橋本興業)「毎日神威岳を見ながら生活しているが、アポイ岳しか登ったことがない、国立公園化をどうやって観光に結び付けるかわからない」

3.グループワーク
・国立公園化の未来に向けて、各自話し合いたいテーマを考え、グループでひとつにしぼる
・決めたテーマについて、どうなってほしいか
・どうしたいか(具体的な理想像)、そのためにどうすればいいか(具体的な対策)を考え、発表

4.まとめ
・今回のワークショップのように、いろいろな立場、経験、意識の人が参加して、国立公園化の未来について意見交換を行う場が必要
・国立公園の未来像(ビジョン)を設定し、実現に向けた方針や具体策を決めていくため、行政・利用者・事業者・地域住民を巻き込んだ協議会の設立が重要

感想

  • 情報発信の拠点として、ビジターセンターが日高側・十勝側の両方に必要
  • SNSやYoutube、メディアを活用して住民や一般向けの情報発信を行うべき
  • ビジターセンターや展望所など、入り口となる施設・観光スポットがあると良い
  • 特に安全に関する情報は精査して発信する必要がある
ファシリテーター・プロフィール

高橋 健(日高山脈ファンクラブ 事務局長)

Subscribe / Share

About The Author

北海道アウトドアネットワーク.jp事務局ho.admin
北海道アウトドアフォーラムをきっかけに誕生したサイトを運営しています
北海道アウトドアネットワーク.jp

アウトドア関係者のみなさまへ、情報をお寄せください

北海道アウトドアネットワークサイトでは、
アウトドアに関わる事業者間の情報交換や収集ができる場となることを目指して運用しています
道内や業界活動に関わる情報,指導者向けの講座情報
地域で開催されるイベント,採用・インターンシップ情報 など
是非情報をお寄せください。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
北海道アウトドアネットワークへの参加

北海道アウトドアネットワークへの参加

私たちは、北海道アウトドアフォーラムをきっかけに誕生したプロジェクトです。ご興味がある方は是非ご参加ください。